MENU

サプリ「めなり」の成分

スマホ老眼

「めなり」は眼の健康に良いとされる成分をたくさん含んだサプリメントです。
眼に良いサプリメントは他にもたくさん販売されていますが、「めなり」は主にスマホ老眼などの症状にぴったりな成分が含まれていて、同じようなサプリの中でも人気が高いサプリの一つです。

 

 

では「めなり」にはどのような成分が含まれているのか紹介します。

 

アントシアニン
抗酸化作用があるとされるアントシアニンがブルーベリーの5倍も含まれています。めなりに含まれているアントシアニンは、ビルベリーという果物から抽出しています。
ルテイン
眼の水晶体や網膜に多く含まれている成分で、ブルーライトを吸収する働きがあります。

眼のかすみ等に有効に作用します。

ゼアキサンチン
ルテインと同じ効果がありますが、黄斑に多く含まれています。
クロセチン
ルテインやゼアキサンチンなどの吸収を高める働きがあります。
ビタミンB群
強い抗酸化作用があり、眼の機能回復などに必要な成分です。

アミノ酸生成やタンパク質を作る際にも必要になります。

ミネラル
栄養素を結合したり生成したりする際に、ミネラルが必要になります。眼のダメージ回復などに必要な成分の一つにミネラルがあります。

 

「めなり」の効果と飲み方

眼の健康に良い成分が多く含まれているサプリメントの「めなり」ですが、
実際にどのような効果があるのか気になるでしょう。
どんなふうに眼に良いのか、またどのような飲み方をすればいいのか紹介します。

眼精疲労回復効果
スマホ老眼などで疲弊してしまったピント機能を回復させます。

抗酸化作用で凝り固まった筋肉をほぐしたり、活性酸素を無害化するなどして
眼に蓄積した疲労やこれから蓄積しようとしている疲労を軽減します。

血行促進効果
毛細血管の血流を改善する働きがあります。

十分な栄養素と酸素が眼の各細胞にいきわたらないことで、スムーズな
情報伝達が出来なくなったり、働きが低下した機能を回復させます。

「めなり」の効果的な飲み方
「めなり」は医薬品ではなく、健康食品のため飲む時間は決まっていませんが、

成分が効果的に働くためには眼を使う時間帯よりも少し前に飲むのがベストでしょう。
1日2粒が目安ですが、昼間に眼をよく使う場合は朝食後、昼食後などに
1粒ずつ分けて飲むのが良いと思います。

 

他にも寝ている間に眼は機能回復しようとしますので、寝る前に1粒飲むのも
ダメージ回復に効果があると言えるでしょう。
自分なりにどのタイミングで飲むのが生活習慣に合っているか、試しながら飲んでみると効果的な時間がわかるようになるでしょう。

「めなり」の口コミ

スマホ老眼に効果があるとされるサプリメントの「めなり」ですが、
実際に使用した人の口コミ情報にどのようなものがあるか紹介しますので、
購入の際の参考にしてください。
もしかすると自分の症状と一致した口コミがあるかもしれませんよ。

 

20代、会社員男性

スマホゲームに夢中になり移動時間はすぐにスマホを取り出して遊んでいました。
元々目は悪くありませんでしたが、目がゴロゴロしたり見えにくくなってきたので
同僚のススメでめなりを飲むようになって、目の不快感が解消されました。
今では出来るだけスマホを使う時間を減らすようにしています。

30代、主婦女性

家事の合間にスマホでインターネットをするようになり、気が付いたら
目が乾燥するようになり痛みが出ることもありました。
スマホ老眼という病気があることを知って怖くなり、めなりを飲むようになりました。
目の乾燥が改善されてきて、痛みもなくなりました。

20代、会社員女性

パソコンを使う仕事をしていて、1日8時間以上画面とにらめっこしています。
いつからか近くが見えにくくなり、スマホ老眼と診断されてしまいました。
どうにかしないとと思い、調べていると「めなり」を見つけたのですぐに購入したんです。
飲み始めてしばらくすると、いつもなら夕方には眼がかすんでいたのが改善されてきて
効果を実感できています!

 

このようにめなりは疲れ目やドライアイに効果があることがわかります。
他にも様々な口コミがありましたが、代表的なものを3つピックアップして紹介しました。

「めなり」でスマホ老眼解消

スマホ老眼

若年層〜中高年にスマホ老眼と呼ばれるものが増えています。
スマホ老眼はスマホやタブレット、PCを長時間使うことで
近くに焦点を合わせすぎてしまい、目の調整機能が衰えてしまうというものです。

 

通常はすぐにピントを調整できるのですが、眼筋バランスが崩れてしまうことで
物が二重に見えてしまったり、目が疲れたり、遠近感や立体感が合わなくなってしまいます。

 

「めなり」はこうしたスマホ老眼の解消に効果的なサプリメントです。
業界トップクラスのヒルベリーに推奨摂取量のルテイン、ゼアキサンチンを配合しているので
まさに防ぐ力と守る力日本一のサプリメントと言えます。

 

スマホ老眼を軽く見ていると、のちのち大変なことになってしまいます。
最初のうちは睡眠を取れば症状は解消されるかもしれませんが
緊張状態が長期的に続いたり、繰りかえすことで重篤化することがあります。

 

一日中スマホを触っているという人も多い若年層は特に注意が必要です。
若いうちから老眼鏡をかける羽目になる…なんてことにならないように
できるだけスマホを触る時間を減らしましょう。

 

どうしてもスマホを触る機会が多いという場合には「めなり」などで対策しておくと安心ですね。
すでにスマホ老眼を感じているという人も、まずは1ヶ月間飲んでみてください。

 

「めなり」で目の諸症状解消

めなり

活性酸素という言葉を聞いたことがありますか?
老化の原因とも言われる活性酸素は、体内を酸化させ、細胞や組織を傷つけます。
もちろん目にもよくない影響を与えてしまいます。

活性酸素が増えてしまう理由は喫煙、睡眠不足、ストレス、極端な疲労です。
目の疲れが取れないというのも活性酸素が原因になっていることも多いです。

 

スマホ老眼

 

めなりにはヒルベリーが170r、ルテインが12g、ゼアキサンチンが2.4rも配合されています。
ヒルベリーはブルーベリーの一種で、アントシアニンが豊富に含まれています。
欧州では医薬品として使われるほどの健康効果があることで知られています。
特に活性酸素を除去する効果が高いのです。
活性酸素が原因で引き起こされてしまう、目の諸症状を解決するためには
ヒルベリーが豊富に配合されている「めなり」はまさに画期的。
しかも糖尿病性網膜炎を予防する効果や血流を改善する効果もあります。

 

飛蚊症の改善にも「めなり」は効果が高いと好評のサプリメントです。
飛蚊症は目の老化、眼精疲労で硝子体が液化変性してしまうことが原因で
ルテインがとても効果的なのです。
「めなり」にはヒルベリーに比べてルテインが12rも配合されています。
ルテインの一日摂取目安量は6r〜10rなので効果の高さは一目瞭然ですよね。